c)Hachimakura All Rights Reserved.

2015.05.28(thu)

ネパール報告-2

カテゴリー: その他


 

 
ドイツのTudiBllo社経由で近況が届いてます。
 
以下ほとんど直訳で長いですがそのまま載せます
 
 *
 *
 
その後の情報、今のネパールの状況をお送りいたします。

二度目の大きい地震のことをご存知と思いますが、65人が死亡、1100人以上の負傷者がいまだ出ています。
沢山の家が崩壊や損傷を受け人々は怯えています。
毎日余震があり、専門家が家の安全状況を確認しなければならないのに、時間内にすべての仕事ができないでいます。
ほとんどの人が自分たちの家に入ることを恐れています。彼らは初めの地震の後と同じように今は屋外に暮らしています。

写真は、”滞在している場所” 一つは私たちの従業員がいるサッカー場、二つ目は最近作られたシェルター。ほんの数か月の間のみで済むことを私たちは願っています。


私たちの現地オフィスマネージャーからです。
・・・私たちのオフィスにはいまだに誰もいません。私は甥と一緒にきました 、なぜなら私はここに独りですし、またここに長くいることが怖かったからです。次に何が起こるかわからない。余震は毎日私たちの生活を揺らしています。このところ、本当に最悪な状況です。しかし、自分は自立し、すべての仲間を世話しようとしています。
家々がダメージを受けたり、崩壊しただけでなく、穀物は不作になるでしょう。何故なら畑も影響を受けているからです。
二度目の地震の震源地はチベットとの国境近くのエベレストの地域で、そこはまた観光業としてとても重要な地域です。ここにThe Deutsch-Nepalesischen-Hilfsgemeinschaft (German-Nepalese-Help Association)(ドイツのネパール支援団体)からのレポートの一部があります。この団体と私たちは長い間繋がっています。

・・・初めの大地震の17日後、小さな余震の後、ネパールはもう一つの大地震に見舞われました。
それは初めの大地震と同じ強度のものでした。
人々は希望を持ち始めたところで、絶望と恐怖がまた戻ってきました。
Dolkha と Sindhupalchokは私たちの学校がたくさんある地域で、非常に強い打撃を受けました。何百もの地滑りにより、道が塞がれています。どれだけの範囲が破壊されているのか、私たちはいまだに見当も付きません。私たちの従業員は無傷でまた、PINガールズと彼女たちの家も、(NGO PIN NEPAL が貧しい女の子たちを支援している。その女の子たちの事、そのシェルター的な家がPIN HOUSE )そして私たちの事務所も構造自体はまだ大丈夫です。
しかし私たちが貧しい人々のために使用している薬局があるBir-hospitalの一部の場所は初めの地震の後、大きな被害を受け、今ではもう利用することが出来ません。いつ、どこで薬局を続けるか、私たちは明確にしようとしています、できる限り早く。。
この数日間だけでも、600回以上もの余震がありました。人々は怯えているだけでなく、とても不幸で諦めています。
それはまた一部的に初めの大地震の後に人々が再建し始めていた物を2度目の大地震が破壊してしまったのです。
Deutsch-Nepalesischen-Hilfsgemeinschaftが建て終えた、また着手していた45の学校のうち40校が破壊されてしまい、また建て直さなくてはいけません。差し当たりは、人々の屋根となるテントを与えること、十分な食料、薬、衣料品などを持ってくることの方が重要です。田舎の村々に住む人々には、その他の助けはまだ届いていません。やらなくてはならないことはたくさんありますが、すべての援助がまだ初めの段階です。
皆様の援助に大変感謝するとともに、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。


 
 *
 *
  
まだまだ厳しい状況が続いています。
そろそろハチマクラの募金箱から第一弾を振り込もうと思います。
 
ご協力頂きありがとうございます。
これからも継続していきます。
 
 
また報告します。
  
 店主

2015.05.11(mon)

『東京蚤の市』へご来場頂きありがとうございました。

カテゴリー: イベント・個展, 紙モノ


 

 

 

 

 

東京蚤の市、無事終了しました。
 
1日目は少し雨がパラつきましたが、2日目は暑いほどで、やはり春の蚤の市は気持ちがいいですね。
ご来場頂ました客さま、手紙社スタッフ、ボランティアの皆さまありがとうございました。
 
ネパールで作っているTudi Billo paperが好評で良く動き、募金箱もたくさんの方にご協力頂きました。購入していただくことも強い支えになります。
このことはTudi Billoさんに伝え、ネパールの工房に必ず報告してもらいます。

今回の売上を循環させるためにも、ドイツに残っている在庫をいつもより多く発注して、店舗で何か特別なフェアを開催できないか考えてみたいと思います。
  
  
2日間で募金箱に入ったお金は合計14910円

Tudi Billo製品のファンの方や、「自分で紙を漉いているので気持ちが痛いほどわかります」と募金してくれた方、今回初めてTudi Billo paperに触れて「また素敵な商品を見たいので」と応援してくれた方々、小さなお子さままでが、ネパールの小さな紙工房への応援にご協力下さいました。
 
自分で募金箱を設置するというのは初めての経験でした。コトンコトンと小さな箱が音をたてる度に、何かがじんわり伝わるものがあり、味わった事がないような気持ちになりました。この感覚は初めてです。

たいした告知もできず、突貫で作った怪しい小箱に投入した下さった方々、本当にありがとうございました!
海外送金手数料が高いので、できるだけ無駄にならないようまとめて送金します。募金箱はお店に置き続けますので引き続きよろしくお願い致します。
 
Tudi Billo社から近況も届いてますのでまた報告させていただきます。
 
 

お問い合わせの多かった古文房具セットは初日早めに完売しました。こちらもありがとうございました!
 
 

2015.05.06(wed)

ネパールへの募金箱設置しました

カテゴリー: その他, 紙モノ




  
  
ネパールの震災で日ごと増え続ける被災した方々の数。
  
ずっと懸念してましたが
ドイツTudi Billoの製作チームがいる工房もやはり甚大な被害を受けました。
ハチマクラでいつも人気のあるスパンコール封筒や素敵な紙雑貨は、実はカトマンズの職人さんたちの手で作られていました。
  
その職人さんや家族、スタッフはもちろん
全ての人々が現在大変な状況にあり、
Tudi Billoさんからなんとか助けたい、と連絡がありました。
  
何か力になりたい気持ちは私も同じです。
どこにどう使われるかわからない募金先より
はっきり届き先がわかるこちらへ協力したいと私は思いました。
 
ただ海外送金は手数料がかなり高いので
ひとりひとりが個別に入金するのは、なかなか現実的ではありません。
 
私の個人的な寄付とともに、もし他にもご協力頂ける方がおられましたら、ハチマクラからまとめて送金しようと思います。
 
日頃Tudi Billo商品を応援して下さってる方や
ネパールの震災で何かできないかと思われてる方は
店舗に募金箱を設置しますので、お越しの際はご協力頂けると嬉しいです。
  
週末は東京蚤の市へも募金箱を持っていきます。
  
 
また、寄付と共に「TudiBillo製品を購入される」ということも長い目で見た場合、職人さんへの支援活動につながります。
TudiBillo製品売上の何%を、とも考えましたが
POSシステムなど使っていない個人店なので難しいのが現実です。
 
そこで仕入れる際に何%ずつかの募金をできるかぎり続けていこうと思います。
 
以下Tudi Bill社からのメールです。
※募金に関してはTudi Billo社から、「今後も近況をお伝えし、寄付金はどこで支援に寄付されるかご報告致します」と約束されていますのでご安心ください。

 
* *
 
親愛なる顧客の皆様、
ネパールで起こったひどい地震のことを皆様もすでに知っていると思います。私たちは心から現地の方々にお悔やみを申し上げるとともに、できる限りの支援をしたいと考えています。
私たちのネパール製造チームよりこのニュースを受けていますが、まだ全員と話すことができていません。しかし話せた者からは製造チーム全員、そのスタッフと彼らの家族みんな無事だと聞きました。ですが、とても、とても、まだ難し状況です。食べ物はわずかしかなく、ほとんどのお店は閉まっていて、誰も建物の中に入ることさえできません。水も十分ではなくなってきており、既に安全できれいな水が確保できない事が、カトマンズでは普通の日々になっており、この状況下では本当に大きな問題となるに違いありません。
私たちは何としてでも、私たちの仲間、彼らの家族、スタッフを助けたいと思っています!もしもあなたが、このプロジェクト(私たちにもすぐにできること、たとえば、お金のない人々の為のBIRの病院救護所への援助、通常助けが届かないような遠い町で家の再建築プロジェクト、など)の支援にご興味をお持ちでしたら、どうぞ私たちにご連絡ください。私たちからもっと詳しい情報をお伝えします。
そして私たち TUBI BILLO はどうかと言いますと、、まだこの先すぐに TUBI BILLO がどうなるか、全くわかりません。私たちはとにかく希望を持ち、私たちのネパールの仲間のサポートに最善を尽くし、彼らが仕事に戻れるように手助けをしていきたいと思っています。それによって彼らが彼らの家を建て直し、環境を整える為のお金を稼げるように。
私たちは寄付金口座を開設し、ネパールの為に寄付を集められたらと考えています。いうまでもありませんが、私たちは今後も近況をお伝えし、寄付金はどこで支援に寄付されるかご報告致します。
 
Account name: Sonderkonto Nepal
Account owner: Tudi Billo
IBAN: DE45522603850308443840
BIC/SWIFT: GENODEF1ESW
(これはドイツの銀行です。オーナーはTudi Billo。そこに募金用のアカウント名がつけられたもののようです)

興味をお持ち頂き、また時間を取って頂きありがとうございました!
ご多幸をお祈り申し上げます。
TUBI BILLO とチームより。
 

(友人に手伝ってもらって翻訳していますので間違いなどあればご教授ください)