c)Hachimakura All Rights Reserved.

2011.10.22(sat)

急遽決定!河田拓也『For Everyman』創刊記念トークショー

カテゴリー: イベント・個展




河田拓也渾身の雑誌
『For Everyman』が創刊されました。

友人の荻原魚雷氏も参加して
ざっくばらんなトークショーを開催します。

山田太一×原恵一超ロング対談や
「悪名」「犬」シリーズ再見 藤本義一インタビュー
など一癖ある特集を掲載。
ここでしか聞けない裏話が!

11月6日(日)18時〜
場所:奥のギャラリー
出演:河田拓也(本誌編集長)
ゲスト
荻原魚雷
オグラ(歌)
進行
泰山(イラストレーター)

1000円(1ドリンク付)

※予約は定員に達したので閉め切りました。
ありがとうございます

2011.10.22(sat)

いよいよ!こけしフェア『MY FIRST KOKESHI!』

カテゴリー: イベント・個展

 





いよいよ近づいてきました
高円寺フェス。
街の文化祭のようなイベントの中で
「MY FIRST KOKESHI!」という
こけしだらけのフェアが開催されます。

こけし〜?古くさくて怖い〜と思われる方
イヤイヤこけしはあなどれませんよ。
マトリョーシカを見て心躍る方は素質十分。

知ってる人には今更な説明ですが
東北6県の温泉地で作られるこけしは
大きく11系統に分類することができます。
今回はその中でも最北端、青森津軽から
あの阿保六知秀工人がはるばるやって来てくれちゃうのです〜

実際に六知秀工人の絵付けを見られたり
体験もできたりします!なんて贅沢。

青森県黒石市からは「津軽こけし館」がなんと店長ごと!
仙台の有名な民芸品店「しまぬき」さんも
いらっしゃるんです!!びっくり。

なので津軽系はもちろん、
他の系統のこけしも大集合ですよ。たいへーん。

こけしの伝道師cochaeさんが主催する
チャリティー支援のKOKESHIEN!は手頃な中古こけし販売、
ハチマクラ、ベビヰドヲル、旅猫雑貨店、
にわとり文庫、スピカの各店舗はおそらく中古こけしや雑貨類、
星燈舎、ゴンバ社、夜長堂からは
てぬぐいやポチ袋などかわいいこけし雑貨がたくさん…
 
その他、これまたこけしの伝道師、
浅生ハルミンさんと佐々木一澄さんが
六知秀工人、山田さん(こけし館店長)を囲んで
トークショーをやります。(要予約)
時代によって少しづつ変化を遂げた
津軽系独特のアイヌ柄の裏話など
とても興味深い話が聞けそうです。
 
 
こけし好き、と言ってる方は見逃しちゃいけません。
好きでない人もぜひ一度触れてみて下さい。
とにかく見るだけでも楽しめます。印象が変わるはず。
今年度一番大きなこけしフェアになること間違いなし。
こんな機会、次はあるのか…なんて知りません。


「MY FIRST KOKESHI!」
11/12(土)11:00〜18:00
13(日)11:00〜16:30

17:00〜18:00トークイベント(予約制)
場所:高円寺北区区民集会所2階
※ 少し場所が分かりにくいです。
 北口駅純情商店街入口のセブンイレブンを左に折れて
 すぐ右折、ブックオフドラマを通り過ぎたあたりで
 左をのぞくとイベントやってる公園があります。
 その公園を突っ切った住宅2つほど奥のジミな建物
 
予約お問い合わせなど詳しくは高円寺フェスHPへ。
http://koenjifes.jp/event/kokeshi.html

絶対見逃さないで!!!!!


こけしと目が合ってしまってから
こけしに取り憑かれてしまった店長より。
最後にMY FIRST KOKESHI


あなたの「初めてのこけし」を
ぜひ見つけてくださいね。
 
 
 

2011.10.08(sat)

10/19〜 sano「コラージュとドローイング」展

カテゴリー: イベント・個展

 
 
sano
『コラージュとドローイング』展
10/19(水)〜23(日)

午後1時〜9時(期間中無休)


 
古紙を使ったコラージュや
ドローイングが中心になるようです。
 
まさにハチマクラにぴったり!(自負)
 
在廊予定日は初日と最終日で
共に19時頃まで予定しています。
  
東京での個展ははじめてとのこと
楽しみです!
 
 
*sanoさんのツイッター
http://twitter.com/#!/sano___
 
*こちらでも今までの作品がご覧になれます。
http://www.flickr.com/photos/sanoooo/
 
 

2011.10.08(sat)

切手など最近の入荷商品

カテゴリー: 文具, 紙モノ

 
ツイッターでアップした商品を
こちらでもまとめておきます。
 


ヒーコーじゃありませんよ、コーヒー。
ゴイチじゃなく大星イチゴ。
右から読むのは戦前のモノです。
ソーダ水など飲料品のラベルです。
 
 

アメリカからはアイスやお菓子の袋が入荷しました。
1950〜60年代でしょうか。
現地でもコレクターズアイテムとして、
名強い人気があるので値がさがりません…。
でもこんなかわいい袋に入ったアイスは
どんな味だったのでしょうね。
今もこんなデザインにしてくれればいいのにな。
 
 

写真じゃわかりにくいですが、
めずらしい真紅の角2封筒です。
クラフトに蝋引きされているので、水に強く
使い込むほどに味が出てきます。
中もほとんど透けず、A4が折らずに入ります。
他に黄色とブルーもあり。
(インパクトに欠けるのであまり紹介しませんが
まともな文具や封筒も沢山あったりします)
 
 

SANFORDの懐かしいエクスプレッソ!
やっと見つかりました~。
個人的にこのペンが好きで、
買収後デザインが変わってしまいガッカリしてたんです。
デッドストックなので次の入荷は見込めません。
もうないなんて残念です。
最近の筆記具はスポーティーすぎませんか?
 
 
 
古い使用済み切手がいろいろ入ってます。
ルーマニアは若干新しめなので50枚セットで
チェコスロバキア時代はいい柄が多いです(25枚)
 

ポルトガルは封書ごとちぎった破片です。
コラージュには意外とこちらの方が絵になったりします。
これは選ばず袋にパンパンに詰めました。
たっぷり入ってるので使い出があると思います。
 
*切手を入れてるグラシン袋も販売しています。
名刺サイズはなかなか見つからなかったのですが
やっと大量に仕入れられました。
(10枚315円〜)
100枚以上必要な方はぐっとお得な料金設定になってますので
雑貨など扱う方や卸など、お問い合わせください。
 
こんな事をつぶやいてますので
ツイッターもぜひご利用ください。
簡単なので入荷情報はどうしてもこちらを使ってしまいます。
hachimakuraをフォローしましょう