ONLINE SHOP
c)Hachimakura All Rights Reserved.

2022.05.18(wed)

『第17回 東京蚤の市』が2年半ぶりに再開です

カテゴリー: イベント・個展, 紙モノ




『第17回 東京蚤の市』at 国営昭和記念公園
日程:2022年6月3日(金)ー5日(日)

時間:9:30〜17:00
開催場所:国営昭和記念公園 東京都立川市緑町3173
JR中央線「立川」駅下車徒歩10分/多摩モノレール「立川北」駅下車徒歩8分
オンラインチケット:9:30〜11:00入場 ¥1,200/11:00〜入場 ¥1,000/当日の1日券 ¥1,500
中学生以下は入場無料。
詳しくは本家HPへ
 
やっとです。
ここまでもなんども紆余曲折…本日(5/18)まで場所さえオープンにできませんでした。
国営なので国の許可が降りるのに時間がかかったようです。
その他もいろいろ民営とは違って厳しい。。。
 
会場は屋根の一切ないだだっ広い公園、芝生…
出店者もお客様もなかなか過酷な会場ではありますが、200組を超える出店のイベントなんてそうそうありません。
販売側でもお客さんとなってぐるっと回る楽しみなイベントでもあります。
雨具、日よけどちらも準備して挑んでお越しください。

チケットは感染・混雑防止の観点からも前売りを強くおすすめします。
各当日閉店間際までオンラインで購入できるそうなので、ぜひ当日の現金チケットは避けてください(高いし!これは避けてという意味での価格だと思います)
 
立川はこのイベント会場を出ても楽しめる街です。
ぜひ一緒に楽しみましょう〜


持って行く予定のものを少し


これはウクライナのお菓子の包み紙。
戦争前に到着していましたが、あまりの衝撃にどう扱っていいか答えを見出せず保管していました。宣伝文句のようになるのもイヤだし、かといって独り占めしておくのもどうかと思ったので今回お披露目することにしました。今でも旧ソビエトやロシアの紙もウクライナの紙も同じように大好きなんです。物に罪はありません。
 
 


twitterのヘッダーにも使用しているお気に入りのラベルが再入荷しました。これはかなり古いフランスのリキュールラベルです。お得なセットにしてお持ちします。ラベル類多めです。




こちらは大好きな飴色のグラシン袋で、ヘアーネットを入れるための袋です。驚くのが透明度。ずっと探していますが、現行品でここまで透けるグラシンは発見できていません。紙屋さんにぜひ作って欲しい…




1800年代リトグラフのファッション画がたくさん手に入りました。今でも柄や色合わせが参考になりそうな素敵なデザインが多いです。額装すると素敵ですよ。


 

こちらも19世紀から20世紀初頭の缶詰のラベルです。独特の印刷が面白いのでぜひ実物を見に来てください。


そのほか和物も明治頃〜昭和初期など珍しい紙モノをお持ちする予定です。
各SNSでアップしていきますのでそちらも合わせてご覧ください。
廣島蚤の市でレトロ千代紙が好評だったのでまた準備するつもりです。

ぜひ昭和記念公園でお会いしましょう〜
 
 
 

2022.04.13(wed)

ジェオグラフィカさんの18thに参加します

カテゴリー: イベント・個展, 紙モノ

もう一つ素敵なお誘いがありました。
今年も参加させて頂きます。

18th Anniversary GEOGRAPHICA
『Antique Mqrket』
日程:2022 4/22fri-5/8sun

開催場所:ジェオグラフィカ 目黒区中町1-25-20
営業時間:11:00~20:00(第1、第3水曜日休館)
     最終日は18時まで
 
 
目黒のジェオグラフィカさんはアンティーク家具や小物、古書など本物のアンティークだけを扱った専門店です。
4月29日で18周年を迎えるアニバーサリーイベントとして「アンティークマーケット」が開催されまるのですが、そのイベントのお誘いを受けました。
錚々たるショップやアンティークディーラーさんが参加されていて、目黒の方々のお眼鏡にかなうものをご用意できるのかわかりませんが、いつものように細々とした紙モノや雑貨をお持ちしようと思います。
今回初めて植物標本を額装してみましたのでそちらもご覧頂けたらと思います。
 

 

 
マイペースに枯れた印象の紙モノもいくつか。
 
 

2022.03.16(wed)

『紙博&布博』inTOKYOに参加します

カテゴリー: イベント・個展, 紙モノ

 

 
『紙博&布博』inTOKYO
日程:2022年3月26日(土)・27日(日)

時間:10:00~17:00
会場:東京都立産業貿易センター台東館 5階、6階、7階展⽰室
東京都台東区花川戸2-6-5
詳しくは本家HPへ★

*ハチマクラは6階でヴィンテージ紙モノとしてチャルカさんと背中合わせです。


紙博がやっと再開ですよ!
最後の紙博が2019年末の台湾でした。
その時には誰がこんな世の中になってると想像できたでしょうか…コロナがやっと落ち着く兆候が見えたと思ったら戦争だなんて。。。

毎日ニュースを見ては涙が出るし落ち込むし無気力になっていきます。

でもイベントの準備をしている間は忙しく、画面を見る機会も減るので心が落ち着いてきます。
紙はいいです。改めて紙に慰められている日々。
ウクライナの商品もロシアの商品もどちらも大好きなんです。物に罪はありません。

 
紙博開催にたどり着くまでには何度も企画されては中止になっていました。大規模なイベントなので今回の再開も判断は難しかったと思います。ギリギリでの判断なため告知期間がほとんどありませんがさずがの手紙社さん。待ってましたの声がたくさん届いてます。私も嬉しい…

もちろん感染対策を会場からも厳しく言い渡されていますので、完全予約制で人数限定での開催です。安心してひとときを楽しんで頂けたらと思います。



ということで準備追い上げてます。
本家のサイトでも紹介されてますが、言い足りないのでこちらにもまとめておきます。



1920年代イギリスの布貼りMAP。この時代にしては奇跡的なくらい状態が良く、褪色することなく鮮やかな色をキープしています。ほとんど未使用の状態で発見されました。布で裏打ちされているので丈夫です。ぜひ広げて部屋に飾ってみてください。





フランスのSouvenirシール。エンボスが綺麗に入ったシールはお祝いや思い出の記録的な意味合いでポストカードやお手紙に貼って使用していたようです。アンティークのポストカードなどに貼った状態で残っていたりします。とても貴重な品。数量限定で準備しています。





1800年代フランスのmanuscrit(公文書)
流れるような筆記体も紙質もうっとりです。私はカリグラフィの練習にこの時代の文字を参考にしていますが、インスタなど撮影の背景にも良く出現してると思います。とにかく絵になります。





紙の層が美しいインドの製本作家さんのノートです。アンティークのようなロングステッチを使用し、中も荒々しい加工がしてあってとにかく圧巻の風貌です。一目惚れしたのでぜひ実物を見に来てください。





チェコスロバキアや東ドイツなど旧ソビエト時代のビールラベルです。一応仕分けしていますが同じソ連の中なので原産国は曖昧なこともあります。微妙に色やデザインの違いがあって面白いです。



国内の紙も楽しいですよ。



戦前や昭和レトロなどラベルなど、店頭よりかなりお求めやすくして色々持っていきます。掘り出してください。(写真はイメージなので必ず同じ物があるわけではありません)





可愛らしい昭和20~40年頃の封筒をご紹介します。この頃は細かい部分まで凝ったデザインの封筒や便箋がたくさんありました。いつの日から表面のデザインだけをオフセットで刷ったレターセットが増えて残念に思っていましたが、最近はまた面白い紙モノが増えてきたので喜んでいます。





戦前、もしくはもっと古いと思われます。明治頃か?木版刷りの図版で大胆な構図とショッキングピンクが華やかで驚きます。絵と型の番号がふってあるので何かに変身したのでしょうが詳細不明。ランプシェードにしたら綺麗だろうなぁと思うのでもしかしたら提灯か何かだったのかもしれません。薄い和紙なので障子に貼っても綺麗だと思います。





こちらも明治頃。薄い和紙に封筒が印刷されていて習字の宛名書きの練習用に使われていたようです。青焼きを思い出す青がとても綺麗です。
 
紙博は作家さんのご来場も多いのでこの辺りの素材としても面白い「古い無地の紙」などもたくさんお持ちする予定です。新たな加工を施して現代に蘇らせてください。



準備できた追加の商品はギリギリまでSNSにアップしますのでぜひチェックしてみてください。
twitter→@hachikaura
Instagram→hachimakura
 
 
久しぶりの紙博。ぜひお待ちしております。
 
 
 

2021.06.17(thu)

たまには商品紹介を

カテゴリー: 紙モノ, 通販について

 

 
ようやく完成しました!
実用的で使いやすいシールです。

元々、自分が使いたくて現地で血眼になり探したフランスで言う「Étiquette(エチケット)」
しかし、どうしても少量しか見つからないのでとうとう作ってしまいました。

下記に制作までの道のりをだらだら書いてます。長いので興味がある方だけどうぞ。

長い時間をかけシールはできたものの、今度はパッケージにこだわり過ぎて身動き取れなくなりさらに半年。実際に使っていただくために復刻を構想したのに、パッケージにお金をかけて高額になってしまうのは本意じゃありません。という訳で計画を真っ新に戻して中身だけ先に販売開始します。
パッケージはこのラベルを収納するファイルという形をとり別売りで進行中です。
とりあえずグラシン袋に入れてお届けします。

理想のパッケージは写真に写ってる丸い箱だったんです。本当はこの雰囲気で販売したかった。。。
丸い箱も作れるのですが、どうもイメージと違う…。あとはロットの壁と見積もりで撃沈です。
いや、目をつぶれば出来なくもないのですがうーーん、これは今後の課題ということで。

ハチマクラ通販ページ
※https://hachimakura.saleshop.jp/
 
   *
 

 
   *
 

パリに行ったら絶対探したかったものの一つがこのラベルシールでした。

市場には可愛いお皿、レース、雑貨がたくさんありましたが、一切それらを見ないようにして「紙モノ」に絞り、血眼になって歩き回りました。
しかし、やっと発見できたのは中身スカスカの小箱2つのみ。
販売どころか、自分で使うにも忍びない量です…

この辺りで復刻するしかないかなぁと思い始めていました。
とにかくただただ使いたかったから。

でも復刻というからにはただスキャンしてペラっとオフセットで刷るなんて簡単なことはしたくない…そう思い立って、結果構想から2年。。。


古い紙のざっらとした質感、破れそうなくらいの頼りなさ、黄ばみ、版ズレ、擦れ、匂い…などなど紙好人間にはここが堪らないのです。
しかしそれらを弱点として克服してきた上に現代の紙があります。そこに最大の敬意をはらいつつも、やはり古い紙好きにとって現代のものはつるっと綺麗すぎるのです。

古いシールをよく見ると縁までぷくっとした凹凸があります。粘着は水のりを使用、薄いが質感のある紙。このあたりが愛らしい所以でもあるのでぜひここを再現したい。というところから始まりました。


まず凹凸といえば活版かエンボスが浮かびますが、サンプルを色々見てもなんか違う。活版もエンボスも端から端まで綺麗に凹凸が入りすぎて見えるのです。目指してるのはもっとラフな雰囲気。

ラベルシールは元々業務用だったことへ立ち戻り、凸版印刷が頭に浮かびました。業務用のラフな雰囲気が出せれば…。

という訳でオリジナルデザインを凸版で複数の会社にお願いして刷ってもらいました。
それはそれで可愛いのですがやっぱりなんか違う。どれもこれも仕上がりが綺麗すぎるのが気になりました。

そしてシールの世界は選べる紙が少なすぎるのです。それにシールの台紙が固くてうまく凹凸が入りません。

その後もいくつかシール会社に問い合わせましたが…なかなか話が伝わらず(そりゃそうです「できるだけ薄い安っぽい紙で」「わざと版ずれにしたい」「圧も均等じゃなく」「できれば水のりで」と職人さんへ下手に仕上げてくださいというような失礼なお願いの数々、、、)またもやロットの壁にもはばまれ、ほとんど相手にされず見積もりで撃沈していました。

半ば諦めかけてた時にtwitterのタイムラインで、昔の封緘を復刻してるという信陽堂さんのツイートを目にしました。
信陽堂さんといえば「封緘シール」を作っていた会社です。当時はレッテルと呼ばれていた、まさに今作りたいシールです。ここが復刻してるとは!!
写真を見たとたん興奮してDMで問い合わせしていました。

その時やり取りしたのが、今回担当して頂いた竹平さんでした。まさに会社で復刻している最中なので私のこだわりもすんなり受け入れてもらえ、あれよあれよと一気に話が進んでいきました。わかる人にはこんなに伝わるものかと感激しました。

そこからまず紙の問題、やはり紙の種類は少ないのでちょっと雰囲気のある上質と水のり紙を張り合わせるのはどうかと提案がありました。

水のり?使えるんですか?願ったり叶ったりです!

合紙すると少し厚くなるところをより薄い紙を探してくれ、厚みを調整して紙が決まりました。

縁のぷっくりは、印刷と同時にカットができる昔の機械でしかできないらしく、なるべくその雰囲気に近ずけるように、なんと工場長がわざと刃の切れを悪くする(えーびっくり!!)など驚きの工夫をして頂きました。

コロナ禍真っ最中なので印刷立会いは叶わず、リモートという形になりました。私は自分の机に座って工場長が機械を操ってる姿を眺めながら「もう少し擦れを」とか「もっと大胆にずらしちゃってください」なんていう楽しいリクエストをし、長い長い道のりを経てようやく夢見たシールが完成したのでした。



*オリジナルとの比較写真写真
左がオリジナル。現地で数枚発見したものから版を起こしてアレンジ加工しています。

若干厚く白いですがよく再現できたと思います。
気になっていた厚みは実際に使うと地の色が透けずに逆に使いやすかったと実感。
黄ばみは自身で育ててください。やや日焼けしやすい紙なので使用していくうちに意外と早く育ちそうです。

   *

最後に、こんな厄介な要望をすんなりわかってくれた竹平さん、工場長さん。本当に面倒な作業に付き合っていただきありがとうございました。
twitterでやり取りしたのが竹平さんでなければ絶対に叶わなかったと思うくらい、竹平さんには驚くほどやりたいことがすんなり伝わりました。

興味があるかないかの差って本当に大きいですね。
 
 

2021.04.24(sat)

ジェオグラフィカさんが17thを迎えます

カテゴリー: イベント・個展, 紙モノ





なんと今年で17thだそうです。
毎年恒例の周年イベントに初参加させて頂くことになりました。
 
『17th ANNIVERSARY』
日程:2021 4/24(土)〜5/9(日)
開催場所:目黒区中町1-25-20 ジェオグラフィカビル
営業時間:11:00~20:00(期間中無休)
 
 
目黒のジェオグラフィカさんはアンティーク家具や小物、古書など本物のアンティークだけを扱った専門店です。
  
テーマは『トラベルノート(旅の記録 旅の記憶』ということで
旅先で集める紙の破片や旅を感じさせる紙ものや雑貨の商品を意識して持っていこうと思います。
電車やバスのチケットを詰め合わせたパックや切手、ポストカード、新着の紙袋などまだ店舗にも出してないものを準備しました。
 
ジェオグラフィカさんはB1Fから3Fまである広々したスペースなので密にならずゆったりお買い物できますのでご安心ください。お客さまも体調に無理のないよう、マスク・手消毒はお守り頂きたく、お互いに安心してお買い物できるようにご協力お願い致します。
 
※緊急事態宣言が発令されカフェレストラン部分の営業時間に変更が出ていますが、17thの企画は予定通り開催されています。
 

2020.11.16(mon)

久々にイベント参加します。

カテゴリー: イベント・個展, 紙モノ



素敵なイベントにお誘い頂きました。
 
『聖なる夜とセピアの書斎』
日程:2020 11/21(土)〜12/25(金)
開催場所:ジェオグラフィカ 目黒区中町1-25-20
営業時間:11:00~20:00(第1、第3水曜日休館)
 
目黒のジェオグラフィカさんはアンティーク家具や小物、古書など本物のアンティークだけを扱った専門店です。
B1Fから3Fまである広大な売り場には、アンティーク家具や照明、雑貨、食器やアクセサリー、古書などうっとりする商品ばかり並んでいます。
なんと2階にはイタリアンのカフェレストランも併設されているんですよ。
 
そのジェオグラフィカさんでは毎年、テーマに沿ったクリスマスディスプレイをされていて、今年のテーマは『クリスマスの書斎』。
エントランスの吹き抜けには3メートルのツリーがセピア色に彩られるそうです。素敵!
 
高円寺のpiikaさんや、勝手に師匠とお慕いしてる古書日月堂さんも参加されます。
他にも幻想的なジュエリーが素敵なLhiannan:Sheeさん、英国アンティークを扱うTIN’S COLLECTIONさん、ボタニカルアートを扱うBotanyeyeさんなど本物アンティークのお店ばかり。
詳しくは本家のサイトへ→
 
 
久しぶりのイベントなので、海外の古い商品に絞ったとっておきの紙モノを持っていきます。また紙遊びを楽しんで頂けるようなパーツ類も準備しています。
期間も長いので、フランスとアメリカから届く新着も随時追加していくつもりです。
 







 
 
この鬱々とした日々。
いろいろ対応が難しい時代ですが、気持ちまで沈める必要は無し!私は相変わらず紙たちに救われています。
 
ジェオグラフィカさんは吹き抜けや階段も広々としたお店。密な場所ではないので心配なことは何ひとつありません。
 
とにかく建物ごと素晴らしいのでぜひ行ってみて欲しいです!
 
 
 

2020.05.06(wed)

臨時休業延長と通販のお知らせ。

カテゴリー: 紙モノ, 通販について

毎日引きこもりが続いています。
天気が良いと飛び出して行きたくなりますが夏が来て欲しいのでがまんがまん…
 
店舗の再開は悩ましいですが、店内とても狭いため感染防止の観点から5月31日(日)までとりあえず休業延長することに決めました。‬再開日はまだ未定でその時の状況で判断したいと思います。
 
長い休業なのでこの先どうなるかと考えると気が重くなりますが、‪お店再開までは通販を充実させていこうと思います。‬




▼通販はこちらから▼
https://hachimakura.saleshop.jp
 
すでにたくさんの方に通販をご利用頂いてます。ありがとうございます。
このような緊急事態が起こると最初に用無しになる店だと覚悟してましたが、全国に紙好きさんがこんなにたくさんいらっしゃるというのがわかって心の支えになってます。メッセージも嬉しく読ませて頂いていて、もう少し踏ん張ってみるか…という前向きな気持ちになれています本当にありがとうございます。
 
勢いでスタートしましたが、もしかしたら週1アップのスケジュールは、お買い物を慌てさせてしまってるのかもしれないと思いました。それは本意ではなく、もっとゆっくり観てもらいたいので、しばらく開店したまま徐々に商品追加するような形に変更しようと思います。
通販はまだ手探りな状態です。すみません、また変更があるかもしれませんがよろしくお願いします。
 
そして少しお願いなのですが、できるだけ1000円以上〜(送料込みでも)のおまとめでお買い物して頂けると助かります。システム使用料が1注文ごとにかかるので、180円など単品のみで購入されると包装資材もかかり採算が取れません。でも紙モノは細いモノを少しずつ集めるのが醍醐味でもあるので本当はもっと細かく販売したいのです。このままだと細かい商品を取り下げざるを得ませんのでご配慮頂けると嬉しいです。
もちろん買い足しなどそれしか不要の場合は構いません。”できるだけ”エネルギーの無駄にもご配慮いただければと思います。
 
もう少し様子をみて軌道にのりそうなら細かく小さく掲載していきたいと思います。
 
今までSNSなどで載せていて気になったものなどあればリクエストしてください。在庫探してみますので。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 

古い投稿 »