c)Hachimakura All Rights Reserved.

2013.11.14(thu)

ドイツTudi Billo社の商品が届きました。

カテゴリー: 紙モノ

 


相性が悪いのか、いつも迷子になってしまうドイツからの荷物…
待ちわびてたスパンコール封筒がやっと入荷しました。

この封筒本当は廃盤でもう手に入らないと言われたのですが
どうしても扱いたい、日本でこれを待ってる人が大勢いるとか褒めちぎってなんとか再販を決めてもらいました。カタログにもまだ出てないのでもしかして今はうちだけ?
新たな製造だったので若干価格は上がりましたがぎりぎり抑えてます。(ほんとは厳しい…)

でもかわいいからいいのです。
ぜひ手に取ってみてください。
なるほどこの手があったのかーと感心するかわいさです。
 
スパンコール封筒の後ろは和紙のような紙にシルバーやゴールドの星が散りばめられてます。これもすごく人気あります。その後ろはなんと全面シルバーで覆われた銀の封筒。これはかっこいい!一目惚れです。
 
 
 

いろんなスパンコールそのものも入荷しています。小物やアクセサリーに。私は牛乳パックを自分で漉いて混ぜてみたくなりました。かわいい小物入れが出来そうです。
  
 
 

ロー引き加工されたバディック柄の紙から作られたガーランド。窓辺に飾ると華やぎますよ!
 
 
 

こちらは通称「変態ノート」。もこもこの中はショッキングなオレンジの紙でハレーションを起こしそうな派手さです。指にみたてて爪をつけたり指輪をはめたりしもっと悪ふざけ全開でつき合ってください。アルバムなどに向いてるかもしれません。
 
まだまだ開封できてるのは一部で、全紙のペーパーや袋も新入荷あります。
用意できしだい店頭に並べていきます。
 
wiggieさんの展示とともにぜひご覧下さいね。
 
少し早いですがクリスマス用品も並べ始めました。
ぜひ遊びに来てくださいね〜。
 
 

2013.11.12(tue)

Wiggieカンパニーさん、高円寺へ!

カテゴリー: イベント・個展, 紙モノ

 

  
いよいよ水曜から始まります!

Wiggieカンパニー
『愉快な紙と小物たち』
期間:2013.11/13(水)〜24(日)
(月・火定休日アリ)
時間:13:00〜21:00(日曜は20:00まで)
場所:ハチマクラ店内
※初日はWiggieカンパニーさん在廊されます。
 
突然福井から現れたWiggieちゃん。
あまりの衝撃に急遽展示を開かせてもらったのが今年の2月。
その様子はこちら→
 
特に告知もなく突然始めたのですが、さすがうちのお客さまはお目が高い(!?)
あれよあれよとファンができ、「何これ〜、かわいい〜」という声をレジ奥でひとりニヤリと聞いていました。ウフフ
 
何度か仕入れた商品はすぐに完売していたのですが、11月に正式に展示が決まっていたのでここ最近は仕入れをストップしていました。お問い合わせ頂いた方、たいへんお待たせしました。
 
前にも書きましたが、wiggieさんは一旦作った版は商品がなくなったら即廃盤にしてしまいます。
なので今回の展示でも、定番柄以外はなくなったら終了です。
かわいい!と思ったらぜひぜひお早めにお買い求めください。
 
一部ご紹介、
 

 

 

 

 
wiggieちゃんは地元福井県で「キモノコミチ」や「落語会」など、いつも気になる企画を精力的に開催されています。
その影響なのか、大正モダン〜レトロ〜現代を一気に体感してきたかのような、和でも洋でもないこれぞ『wiggieカンパニー』としか言いようがないデザインが完成されてるように思いました。
文字を柄に入れ込むのも面白いんです。
こういうどこにも当てはまらないデザインに惹かれます。
 
wiggieカンパニーブログ→
facebookの「Wiggieカンパニー」ページでもたくさん様子がアップされています。→
 
どんな人が作ってるのかな〜、と思った方は
ぜひ初日にお越し下さいませ!!
 
私も楽しみなんです〜〜〜 
 

2013.11.03(sun)

第4回東京蚤の市に参加します

カテゴリー: イベント・個展, 紙モノ

 

 
  
『第4回東京蚤の市』at京王閣
日程:2013年11月9日(土)、10日(日)
時間:10:00 ~ 16:00
開催場所:東京オーヴァル京王閣

     東京都調布市多摩川4-31-1
     新宿駅から準特急「高尾山口」行
     調布駅乗換え快速・普通「橋本」行
     「京王多摩川」駅下車徒歩0分
入場料:300円(ただし小学生までは無料)
 
またまた蚤の市の季節がやってきました。
今回はいつもより少し早いのでお気をつけて!
 
そして会場内の場所がかなり移動して初めての室内です。
古本屋さんや、活版ワークショップなどと同じスペースになりました。
 
外のイベントは雨風に悩まされるので、紙そのものは遠慮がちになってましたが室内とくりゃこっちのもんです。
いつも諦めていた全紙の紙そのものも持って行きますよ〜〜
 
東京郊外や遠方からも遥々どどど〜っと古道具や古本、雑貨、おいしいお店が集まってきます。
素敵なお店を訪ねて旅するのも魅力なのですが、ここまで一度に見られる機会はそうそうありません。本家ホームページに詳しく紹介されてますのでぜひこちらをのぞいて研究してみてください。ホントに1日は「あっ」と言う間に終わりますのでー
 ↓
★『第4回東京蚤の市』HP
 
HPにも載ってますが持って行くものを一部ご紹介。
 

フランスやアメリカの古いスタンプ、銅製の活版なども。
 
 

フランス1900年初頭のクロモスやポストカードなど
 
 

コラージュに重宝しそうな古い領収書や雑紙など
 
 

紙祭りでも好評だった古い廃盤包装紙を詰め合わせにします。写真のものは完売した柄もありますが新たに入荷したのもありますのでお楽しみに〜
 
 

今では貴重になってしまったサラサ千代紙。最近ではめっきり見つからなくなってたのですがやっと発見!たっぷり持って行きます〜
 
 

懐かしい牛乳や飲料水のキャップに被せてた紙とか、その他アイスの袋やキャンディーの包み紙、ラベルなど特別なパックにしていろいろ持って行きます
 
あ、こけしや珍品ガラクタも持っていきますよ。
スッキリきれいにより雑多が大好きなので(めざせドンキ)ごちゃごちゃ〜っといろいろ並べます。
価格も店舗よりぐんと落とします。ぜひぜひ掘り出してください! 
 
 
※注意!!
会期中、店舗はお休みになります。 
前日の金曜日も搬出作業で混沌としますので夕方には閉店させて頂きます。
 
ではでは京王閣でお会いしましょう〜。