c)Hachimakura All Rights Reserved.

2019.04.25(thu)

『第15回 東京蚤の市』に参加します



『第15回 東京蚤の市』at 大井競馬場
日程:2019年5月11日(土)・12日(日)

時間:11:00~19:00
開催場所:大井競馬場(東京都品川区勝島2-1-2)
     東京モノレール「大井競馬場前」駅下車、徒歩2分
入場料:入場料:700円(小学生までは無料)
詳しくは本家HPへ

[注意]
今回はいつもと勝手が違います!
まず場所が京王閣から大井競馬場に変更になっています。
そして開始時間がゆっくり、終わりもゆっくりです。
朝寝坊さんには朗報ですね。(私も嬉しい)
 
日も長くなってるのでビール片手にゆらゆら楽しんでください。
 
  
第1回目から参加させて頂いてる東京蚤の市もなんと15回目です!出店者も来場者もどんどん増えて今や巨大なイベントとなってきました。京王閣は大好きな場所でしたが、確かに収まりきらなくなっていたのでより広い場所へのチェンジは仕方ないですね。大井競馬場はとても広いです。人が多い場所が苦手で敬遠されてた方もここなら楽しんで頂けるかもしれません。
 
毎回持っていくものは直前まで悩みます。本当に面白いのは1点ものだったりするのですがそういうものはお店で並べるとすぐに旅立ちます。みなさんの目利きはすごいです。なのでぎりぎりまで何が残るかわかりません。
ということでどうしても前もって発表できるのはある程度数が揃ってるものになりますが、本家サイトに紹介してるものに加えて少しだけご紹介しておきますね。
 
東京蚤の市へは紙モノだけじゃなくレトロな食器やボタン、古道具などもかなりお得な価格で持って行くのでぜひ掘り出してください。。
 
 

第一次世界大戦中、戦後のインフレ時に出回ったドイツの緊急通過。
 
 

DDR(旧東ドイツ)時代のおもちゃの紙袋やパッケージなど 
 
 

DDR(旧東ドイツ)時代やcccp(旧ソビエト時代)のビールラベルなど
 


1900年初頭フランスのクロモカードをいろいろお持ちします。
 
 

1950-60’sアメリカのキュートなカードもたくさん入ってます。

 

和モノもいろいろあります。久しぶりにみつけた戦前から昭和中期の値札セットです。私は封緘やお手紙のアクセントに使うことが多いです。
 
 

とても珍しい戦前の著者印シールが見つかりました。洋風のアンティークにも似合う美しさです。古書に貼って自分の印鑑を押してみても楽しいかもしれません。
 
 
いろんな雑貨もごちゃごちゃ持っていきます。





 


and more…


 

このエントリーのトラックバックURL

トラックバックされた記事