c)Hachimakura All Rights Reserved.

2018.11.01(thu)

『第14回 東京蚤の市』『第5回 関西蚤の市』

『第14回 東京蚤の市』at京王閣
日程:2018年11月10日(土)、11日(日)

時間:9:00~17:00
開催場所:東京オーヴァル京王閣
     東京都調布市多摩川4-31-1
     新宿駅から準特急「高尾山口」行
     調布駅乗換え快速・普通「橋本」行
     「京王多摩川」駅下車徒歩0分
入場料:入場料:500円(小学生までは無料)
詳しくは本家HPへ
 
 
『第5回 関西蚤の市』at阪神競馬場
日程:2018年12月1日(土)、2日(日)

時間:9:00~16:00
開催場所:JRA阪神競馬場 兵庫県宝塚市駒の町1-1(阪急今津線「仁川駅」徒歩5分)
入場料:200円(競馬場の入場料となります)
※公式サイトは10月下旬オープン予定!

 
もう秋にはかかせなくなった東京蚤の市。
この後に続く関西蚤の市。
いつも年末の為に気合いを入れて準備しています。
 
直前にならないと何を持っていくか、持っていけるのかが揃わないので写真はすごく悩みます。本家のHPは2ヶ月ほど前に準備していて、当日まで残ってるであろう大量仕入れのものや漠然としたイメージしか載せられません。
かといって直前になると荷物に囲まれ撮影スペースが無いというジレンマ。
(このページの更新しなさ加減の言い訳でした)
 
本日偶然の買取りもあり、もともと準備してたのも合わさってサラサ千代紙が大量に入荷しています。探すと見つから無いけど、突然こういう時もあるのが古物の面白さでもあります。

柄によって人気にばらつきががあるので店舗では価格もそれぞれなのですが。今回は全て均一で安くお出しします。なので人気の柄は早い者勝ち。個数制限もしません。
 
 
クリスマスシーズンということでクリスマスものもたくさんおもちする予定です。

60年代アメリカのクリスマスシールなど。封緘に使うと可愛いですよ。そのほかクリスマスカードやポストカードもいろいろ準備しています。
 
 

切手も大量に入ってきてるので、できるだけたくさん準備します。
 
 

ソビエト時代のピンバッチもクリスマス柄もちらほら。かっこいい徽章も入りました。
 
 

シーズン関係ないですがとびきり可愛いバレンタインカードが入ったのでこれも持っていく予定です。



ドイツアの幻灯機用のガラスフィルムは植物の病気が標本されています。窓辺に飾っておきたくなるかっこよさ。
 


DDR時代のタグやチケットなどヴィンテージの茶色い系もたっぷりご用意します。



20世紀初頭ドイツのアルバム。観賞用の紙モノもいろいろ

 

台湾のチロリアンやビーズワッペンなどリメイクにも良さそうな素材をいくつかピックアップします。
 
 

和モノも負けていません。戦前から前後間もない頃のラベル類を大放出。経木でできたレトロなマッチ箱、おなじみ飴紙、薬袋も持っていきます。
 
 
紙博が控えてるので両蚤の市は古道具を多めにしてみます。
まずは京王閣でお待ちしていますー!
 
 

 

このエントリーのトラックバックURL

トラックバックされた記事