c)Hachimakura All Rights Reserved.

2017.11.27(mon)

11/30日は臨時休業です

カテゴリー: その他

関西へ出発の為、店内が混沌とします。
木曜日はお休み、金曜からは通常営業致します。
 
よろしくお願い致します。

ハチマクラ 店主

2017.11.02(thu)

『第12回東京蚤の市』に参加します

カテゴリー: その他

『第12回東京蚤の市』at京王閣
日程:2017年11月4日(土)、5日(日)
時間:9:00~17:00
開催場所:東京オーヴァル京王閣
     東京都調布市多摩川4-31-1
     新宿駅から準特急「高尾山口」行
     調布駅乗換え快速・普通「橋本」行
     「京王多摩川」駅下車徒歩0分
入場料:入場料:500円(小学生までは無料)
詳しくは本家HPへ
 
 
直前のご報告すみません。
イベント続きで時間がとれません。。。
 
会場mapも発表されてますのでぜひ事前にお目当てのお店をチェックしておいてくださいね。会場は広くて出店者も多く(そこがいいのですが)よく場所が分からなかった〜と言われます。今回は八角テントへ向かう途中のプラザ楝入り口付近にいます。

 
後は事後報告ということで。。。。
 
 

2017.11.02(thu)

営業時間の変更

カテゴリー: その他

11月から営業時間が少し変更になりました。

平日13時ころ〜20時ころまで
日・祝は13時ころ〜19時ころまで

仕入れの為に開店が遅れたり臨時休業になることがあります。
遠方の方はお電話でご確認ください。

どうぞよろしくお願い致します。

店主

2017.06.17(sat)

恒例『本の楽(2017 夏)』に参加します

カテゴリー: その他

 
『本の楽市』at京王閣
会場:座・高円寺エントランスホール
期間:2017年7月15日(土)~7月24日(月)
営業:11:00-18:00 
 
《アクセス》
座・高円寺 〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2
(JR高円寺駅 北口から徒歩5分)
 
協力:NPO法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺
 
 

 

 
 
座・高円寺で、毎年7月と12月に開催している「本の楽市」。
今回も以下の12店舗が揃いました。
 
にわとり文庫
リズム&ブックス
古書コンコ堂
丸三文庫
東京くりから堂
一角文庫
えほんやるすばんばんするかいしゃ
信愛書店 en=gawa
ハチマクラ
nano
ポポタム
curious
 
どのお店も会期中何度も追加に行くので、何度行っても、いつ行っても楽しめるイベントです。
海外の絵本や珍しい古書、新刊、レトロな雑貨までいろいろ。
座・高円寺は建物も素敵なのでぜひ涼みにきてくださいね。
 
 

2015.12.30(wed)

年末年始のご案内

カテゴリー: その他

 

 
 
旧年中のご愛顧ありがとうございました。
2016年もよろしくお願い致します。
 
年内の営業は終了しています。
年始は1月7日からの営業になります。
 
どうぞよろしくお願い致します。
  
 

2015.06.18(thu)

ネパール報告-3

カテゴリー: その他

日常の業務もあり、翻訳に時間がかかって報告が遅くなっていますがこちらに貼っておきます。
ネパール→ドイツでまとめてメールが送られてくるのでどうしても間が開いてしまいます。











ネパールのニュースはテレビ、新聞でもほとんど聞かれなくなりました。
しかしながら私達は皆様に現在の情報を簡単にお伝えいたします。
建物の再建は皆様の協力により始まりました。その写真を来週中にはお送りいたします。
人々はトラウマになっており、彼らの家へ入る勇気がありません。

私たちの友達からのメールです。




連絡がとても遅くなって本当にすみません。なぜなら私達は皆、精神的に苦しんでいて、
肉体的には次の地震へのとてつもない恐怖を毎日抱えています。次から次へと地震が続いています。
今日は大きな地震が起こってから28日です。4/28日に初めの地震が起こった後、5/12に繰り返すように2度目の大きな地震がありました。それにより1万人以上が死亡し、数千ものビルや家々が破壊され、国中の至る所に地すべりを引き起こしました。
タメルにある私たちの家には誰も戻りたくありません、なせなら多くの場所が損傷を受け、床や壁は割れて、そう、道は死んでいるかのように静まり返っています。
道の周りには誰もいなく、ほんの少しの人が道を歩いているだけです。今のところ、私たちは大丈夫ですが、精神的に掻き乱されています。
私達はまだ借りれる家を見つけられません。私達みんなでカトマンズの郊外に住んでいる義理の息子の家にまだ滞在しています。いったいいつまで?わかりません。
家や失った物の再建と日常を取り戻すために、私達にとてつもない強い精神力が必要です。






さしあたっては、私たちはみなさんからの基金を91人のすべてのスタッフに配布しようと考えていて、私たちの学校のために使う予定はしていません。しかし、私たちの学校もまた修復が必要です。建物の壁は破壊され,
子供たちの教室には何か小屋のような物を作るべきかと考えています、なぜなら学生たちは建物の中で勉強をすることを恐れています。

彼らは建物の崩れ落ちる恐怖から解放されるためにテントが必要です。今まで皆様からの寄付金を村々の復興、家や学校の再建、人々への食糧の供給、種、動物の購入というプロジェクトに使ってきました。まだこれは十分でないことはわかっています。もしも私達がこんな粗末な支援ででも助けようとしなければ、どうやって続けていけばよいのでしょうか。
村々が再建しなかったら、人々はそこを去ることになり、安い賃金で違う国で働くことになるでしょう。そしてまた、人々は農業によって食べていくことは出来ないでしょう。ネパールの国全体が3メートル動いたと聞いてあなたは想像できますか?今カトマンズは1.5メートル高くなり、エベレストは低くなりました。大地がすぐに静かに落ち着き、人々がこれ以上怯えなくてすむように願っています、たとえ私達の仲間がそう思っていないとしても。

皆さん、ありがとうございます。そしてまず初めの再建の写真をできるだけ早くお届けします。

Yours,
Tudi Billo and Team
2015/05/28



※ご報告が遅くなりましたがネパール震災募金は、約1年後の今年5月で一旦閉め切らせて頂きました。集まった金額は33,267円。海外送金手数料はハチマクラで負担させて頂きました。皆さまのご協力大変感謝致します。2016/05/20

2015.05.28(thu)

ネパール報告-2

カテゴリー: その他


 

 
ドイツのTudiBllo社経由で近況が届いてます。
 
以下ほとんど直訳で長いですがそのまま載せます
 
 *
 *
 
その後の情報、今のネパールの状況をお送りいたします。

二度目の大きい地震のことをご存知と思いますが、65人が死亡、1100人以上の負傷者がいまだ出ています。
沢山の家が崩壊や損傷を受け人々は怯えています。
毎日余震があり、専門家が家の安全状況を確認しなければならないのに、時間内にすべての仕事ができないでいます。
ほとんどの人が自分たちの家に入ることを恐れています。彼らは初めの地震の後と同じように今は屋外に暮らしています。

写真は、”滞在している場所” 一つは私たちの従業員がいるサッカー場、二つ目は最近作られたシェルター。ほんの数か月の間のみで済むことを私たちは願っています。


私たちの現地オフィスマネージャーからです。
・・・私たちのオフィスにはいまだに誰もいません。私は甥と一緒にきました 、なぜなら私はここに独りですし、またここに長くいることが怖かったからです。次に何が起こるかわからない。余震は毎日私たちの生活を揺らしています。このところ、本当に最悪な状況です。しかし、自分は自立し、すべての仲間を世話しようとしています。
家々がダメージを受けたり、崩壊しただけでなく、穀物は不作になるでしょう。何故なら畑も影響を受けているからです。
二度目の地震の震源地はチベットとの国境近くのエベレストの地域で、そこはまた観光業としてとても重要な地域です。ここにThe Deutsch-Nepalesischen-Hilfsgemeinschaft (German-Nepalese-Help Association)(ドイツのネパール支援団体)からのレポートの一部があります。この団体と私たちは長い間繋がっています。

・・・初めの大地震の17日後、小さな余震の後、ネパールはもう一つの大地震に見舞われました。
それは初めの大地震と同じ強度のものでした。
人々は希望を持ち始めたところで、絶望と恐怖がまた戻ってきました。
Dolkha と Sindhupalchokは私たちの学校がたくさんある地域で、非常に強い打撃を受けました。何百もの地滑りにより、道が塞がれています。どれだけの範囲が破壊されているのか、私たちはいまだに見当も付きません。私たちの従業員は無傷でまた、PINガールズと彼女たちの家も、(NGO PIN NEPAL が貧しい女の子たちを支援している。その女の子たちの事、そのシェルター的な家がPIN HOUSE )そして私たちの事務所も構造自体はまだ大丈夫です。
しかし私たちが貧しい人々のために使用している薬局があるBir-hospitalの一部の場所は初めの地震の後、大きな被害を受け、今ではもう利用することが出来ません。いつ、どこで薬局を続けるか、私たちは明確にしようとしています、できる限り早く。。
この数日間だけでも、600回以上もの余震がありました。人々は怯えているだけでなく、とても不幸で諦めています。
それはまた一部的に初めの大地震の後に人々が再建し始めていた物を2度目の大地震が破壊してしまったのです。
Deutsch-Nepalesischen-Hilfsgemeinschaftが建て終えた、また着手していた45の学校のうち40校が破壊されてしまい、また建て直さなくてはいけません。差し当たりは、人々の屋根となるテントを与えること、十分な食料、薬、衣料品などを持ってくることの方が重要です。田舎の村々に住む人々には、その他の助けはまだ届いていません。やらなくてはならないことはたくさんありますが、すべての援助がまだ初めの段階です。
皆様の援助に大変感謝するとともに、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。


 
 *
 *
  
まだまだ厳しい状況が続いています。
そろそろハチマクラの募金箱から第一弾を振り込もうと思います。
 
ご協力頂きありがとうございます。
これからも継続していきます。
 
 
また報告します。
  
 店主

« 新しい投稿古い投稿 »